激安輸入タイヤも意外に使えるお得なタイヤ

car

 

最近利用される方が増えてきている、アジア諸国からの激安輸入タイヤ。

 

 

確かに、価格の安さが輸入タイヤの売りです。

 

 

 

激安輸入タイヤの中でも、最近国内で売れているのは、韓国・台湾製の物が多いのですが、

 

その他東南アジア製の物も売上を伸ばしています


その安さ上に、品質面で不安に思われている方も多いと思うのですが、

 

 

実際タイヤの生産地である国の自動車工場で、車に組みつけられているタイヤである場合もあり、品質面での心配は少ないと思います。

 

 

自身大型SUVのパジェロに、

 

サマータイヤで台湾メーカーのケンダを、

 

軽自動車のタントのスタッドレスに韓国メーカーのクムホを履いた経験がありますが、

 

街乗りの中で「走る」「曲がる」「止まる」で不安を覚えたことはありません。

 

 

と言うより、全く問題のないタイヤだと思っています。

 

 

価格的には、国産タイヤメーカーの半分以下になるのではないでしょうか。

 

 

 

軽自動車向けの155/65/14サイズなら2万円前後で工賃やタイヤ廃棄代など含めて交換することが出来るのですから、

 

価格重視のユーザーには嬉しいことは間違いありません。

 

 

国産メーカーのスタッドレスでも、急発進・急ブレーキではスリップすることは同じです。

 

 

 

安全運転・慎重な運転を心掛けている方にとっては、激安輸入タイヤでも全く問題ないと思うと同時に、お得でおススメ出来る商品です。

 

 

また、購入の際には今までのタイヤを廃棄する事になりますが、

 

今は、お金を払って処分するのではなく、買い取りが可能なお店も増えてきています。

 

せっかくの機会なので、いくらぐらいの価値が付くのか無料査定を行ってみましょう。

 

タイヤ処分.com

(もし売れない場合も、廃棄する方法も掲載してあるので参考にして下さい。)